腰痛を治すゴットハンドを紹介する会 » レーザー治療を行う病院

レーザー治療を行う病院

椎間板ヘルニアは治療するのに時間が掛かるものですが、その治療時間を短縮するための手段として注目を集めているのがレーザー治療です。正式にはレーザー椎間板除圧術と言い、一般的にはPLDD法と呼ばれています。



この方法は高圧レーザーを椎間板の髄核に照射して蒸発させることで椎間板の内圧を減少、飛び出た髄核を元に戻すというものです。身体への負担が通常の手術よりも遥かに小さく入院の必要も無いため非常に短期間で椎間板ヘルニアの痛みを取り除くことが出来ます。

この手術を利用できる病院はどんどん数を増やしており、以前に比べると大分環境が整ってきました。こうして選択肢が増えてくると今度はどこを選ぶかについて考える必要が出てきます。

どこで診察を受けるか決めるための情報収集もインターネットなどを利用することで簡単に行うことが出来、病院の公式ページはもちろん個人サイトやブログ、口コミ感想サイトなどで情報を気軽に手に入れることができます。

選ぶポイントとしては手術件数が多い、医療機器が充実している、適応範囲を明確にしている、費用を明確にしているといった点を見ると比較的安心できる病院を探すことが出来るそうです。

最近は詐欺まがいの費用を払わされるような悪質なクリニックがあるそうなので、情報収集は念入りに行ったほうが良さそうです。

この手法は最新医療に分類され、残念ながら健康保険が適用されません。その上大きい椎間板ヘルニアには効果が薄いので状態によっては高い費用のわりに効果が薄くなることもあります。

この方法を希望している方は医師とまずしっかり相談した上で、他の方法を行ったほうがよいかどうかを確認したうえで行うかどうかを決定してください。