腰痛を治すゴットハンドを紹介する会 » 毒素を取り除く

毒素を取り除く

よく健康に関する話で「毒素が溜まって身体に悪影響が~」というような話をよく聞きますが、この毒素とはいったいどのようなものなのでしょうか。

毒素というのは例えばタバコのような明確に身体に悪いものや食品添加物などの身体に悪影響があるといわれているようなものだけではなく普通の食事でとるような栄養素も体内でエネルギーに変換される際に発生したり、呼吸するだけでも少しですが体内に入る事もあるので、どんなに身体に良い生活を送っても確実に体内に溜まっていってしまいます。

もちろん毒素が溜まっても人間の身体には腎臓や肺、リンパなど毒素を排出するための機能が備わっていますが、それらの排出機能を上回る量の毒素が体内にある場合は毒素によって身体に悪影響が表れます。

その症状は多岐に渡り、代謝機能や血液循環の低下や疲れやだるさが中々抜けなくなったり、風邪など様々な病気に掛かりやすくなるなど、健康的な生活とは程遠い状態になっています。

こうならないためにも体内に入る毒素の量をなるべく減らし、毒素の排出機能を上昇させて、健康的な身体を維持していきましょう。

毒素を身体に入れないためにはとにかく摂生に努めましょう。お酒やタバコはなるべく絶って食品添加物や必要以上の塩分や油分を取らないために外食を控えて野菜中心の食生活を送ったりして体内の毒素を増やさないようにしていきましょう。

毒素の排出機能を上昇させるには内蔵機能をアップさせる必要があります。例えば内臓に栄養を届ける血管や老廃物を排出させるリンパ管のめぐりを良くするために血行を促進させると毒素排出に高い効果を発揮します。

毎日軽いストレッチやマッサージ、半身浴などで血行を促進させることで代謝機能はどんどん上昇していきます。こうした生活を習慣化させれば、身体に溜まる前に毒素を完璧に取り除くことができるようになるでしょう。

血管年齢を若くすることも健康な身体になるためには必要です