腰痛を治すゴットハンドを紹介する会 » ダイナミックストレッチの注意点

ダイナミックストレッチの注意点

筋肉に対し、伸張と収縮を繰り返し行うように働きかけるのがダイナミックストレッチです。私たちが行っている一般的なものは、スタティックといって、じっくりと静的な運動をしますが、それに対してダイナミックストレッチは動的な運動となっています。

大きな動作を行って筋肉に刺激を与えるので、筋肉を温めることが出来るためにレースなどの競技の際にウォーミングアップの運動として良く用いられています。

イメージとしてはラジオ体操や中川式ストレッチングベンチのような動きを想像して頂ければと思いますが、ここでは特にダイナミックストレッチを行う際の注意点についてご紹介します。

まず、気をつけて欲しいのが動的という意味についてです。確かにダイナミックストレッチは大きな動きを伴った手法ではありますが、バリスティックのような反動を利用したものではないことを忘れないでください。

ダイナミックストレッチにおいて反動をつけるのは誤りで、強く激しく動かしてはいけません。無理に反動をつけてしまうと怪我に繋がる危険性があります。また、スポーツ前のウォーミングアップに適しているということは記述しましたが、だからといって最初からいきなり行うというわけではありません。

ストレッチとはいえ急激に関節や筋肉に対し動作を加えると痛みを生じることも十分に考えられますので、事前にウォーキングやランニングといった軽い運動をすることで、筋肉など身体を十分に温めから行うことが必要です。

そうすることで、効果としても効率が良くなります。さらに気をつけて欲しいのが筋肉のバランスについてです。人間の身体というのは左右対称の状態が非常に良いバランスとされていますので、バランス良く行っていくのが良いかと思います。