腰痛を治すゴットハンドを紹介する会 » ヘルニアの痛みを抑える

ヘルニアの痛みを抑える

ブロック注射は、ヘルニアなどで痛みが伴うときにその患部を効果的に痛みを抑えるときに役立てる方法です。ブロック注射を行うことによって、患部自体の神経の痛みをシャットアウトする効果があるため、通常の治療よりも即効性があるのが特徴になっています。

ブロック注射は麻酔科などで適時、腰痛などの痛みを緩和するために、治療を受けられます。治療の費用自体は、保険診療の対象となるので、一回に数千円程度の負担となります。

ヘルニア以外の腰痛や突発的な痛みが発生するときにもブロック注射は用いられることがあります。ブロック注射の注意点としては、その効果は一時的なものであり、完全に患部を治療するわけではないということです。

突発的な痛みや、激しい痛みを伴っているときにケアすることには、有効ですが、長期間の痛みを引き起こすような場合には、患部のしっかりとした治療を心掛けるようにすることが望ましいといえます。

慢性的に、患部を放置するようなことがあると、さらに患部の状況を悪化させてしまうようなことがあるので、出来るだけ、早期の治療を心掛けるようにすることが望ましいといえます。

また、ブロック注射は麻酔の一種ですので、繰り返し、使用することによって、効果が薄くれてしまうことがあります。出来るだけ、患部の治療を優先させ、本当につらい時以外は、極力使わないようにすることが望ましいという一面もあります。

ただし、患者自体がどうしても、患部が辛く、そのまま放置しておくと日常生活に支障をきたすようなときには、適切な治療を医師の指示に従って、治療を受けるようにすることが望ましいといえます。そのまま、放置すると、さらに状況が悪化することがあるので、注意してください。