腰痛を治すゴットハンドを紹介する会 » 簡単にできる予防法

簡単にできる予防法

変形性膝関節症に悩まされているという人は多いのではないでしょうか? これはある程度の年齢を重ねるとなりやすくなる病気で歩行などに支障をきたすこともある厄介な病気として知られています。

ではこれは具体的にはどういった病気なのでしょうか? ふつう膝には軟骨と呼ばれる骨があります。この軟骨というのはクッションの役割を果たしているもので、膝にかかる衝撃や負担などをこの骨が軽減してくれているのです。

そのため膝などはある程度の衝撃ならば耐えることができるようになっています。しかし、年齢を重ねていくとこの軟骨というのはすり減ってしまうのです。

すり減ってしまうと関節炎になりやすくなってしまいます。これが変形性膝関節症なのです。関節炎になってしまうと歩行時や立ち上がり時に痛みを伴います。

初期はとくにそういった痛みはないのですが、ある程度進行してくると痛みを感じるようになるのです。そして、かなり進行してしまうと歩いたり立ったりできないほどの痛みになってしまいます。

こうなってしまうと手術などをするしか方法がなくなるのです。このように変形性膝関節症というのは厄介な病気ということが分かります。しかし、この変形性膝関節症というのは実はしっかりと予防することができるのです。

変形性膝関節症を防ぐ方法というのは実は簡単で運動をするということです。運動といっても激しい運動ではなく足の曲げ伸ばしなどの自宅でも簡単にできる運動ばかりです。

そういった運動を毎日続けているだけでも実はこの病気は予防することができるようになっているのです。

年をとると筋肉というのは衰えてしまうので、それをしっかりと落とさないということがこの病気にならないポイントというわけです。しっかりと覚えておくようにしましょう。