腰痛を治すゴットハンドを紹介する会 » 痛みとその他の症状

痛みとその他の症状

最近では有名な芸能人も経験している脊柱管狭窄症という病気をご存知ですか? そう言われてもどういった病気かよくわからないという方がほとんどだと思います。

これはその名の通り脊柱管と呼ばれる場所が原因で起こるものになっています。脊柱管と呼ばれている部分は多くの神経がとっている場所で様々な信号をそこから伝えているのです。

しかし、この病気を発症してしまうとこの脊柱管と呼ばれる部分が狭くなってしまうのです、脊柱管が狭くなってしまうと神経が圧迫されてしまいます、そして、色々な症状が起こってくるのです。

では脊柱管狭窄症になるとどういった症状が起こるのでしょうか? 脊柱管狭窄症になると起こる症状は痛みと痺れです。神経が圧迫されてしまうためこういった症状が起こってしまうのです。

このようなことが起こると長時間の歩行が困難になってしまうのです。実際になってしまったという人は長時間の歩行ができなくなったという人が多いのです。ではなってしまった場合にこのような症状を和らげるにはどうしたらいいのでしょうか?

脊柱管狭窄症の症状を和らげる方法というのは血行を良くするのが一番なのです。これの原因というのは血行が悪くなってしまっているということです。

そのためこの血行を良くしてあげることでやわらげることができるようになっているのです。血行のよく仕方というのは色々なものがありますが、湿布やリハビリ、最近では神経ブロックと呼ばれるものを使って和らげていることもあります。

こういった方法で脊柱管狭窄症の痛みはやわらげることができるようになっているのです。逆に痛みなどをそのままにしてしまうと悪化してしまい排泄障害などの重い症状になってしまうことがあります。こうならないためにもしっかりと治療を行いましょう。

脊柱管狭窄症の症状を和らげる方法をご紹介しています