腰痛を治すゴットハンドを紹介する会 » 施術法の種類

施術法の種類

整体には按摩やマッサージは含まれませんが、揉むという施術があります。ピンとくるのは足もみではないでしょうか。足もみの場合揉むというより、押しているような気がしますが。

整体での揉みは、身体をちっと動かして揺らしながら、肩とか背中の筋肉をほぐしていきます。強い力を加えず刺激を入れないように、優しく行います。身体を揺らしていくことで、普段動かすことがない筋肉も一緒に動いて血行が良くなるそうです。

そうすることによって、身体本来の感覚を取り戻したりするそうです。普段使うことのない筋肉に軽い運動がかかるため、終わった後は痛みより少しだるい感覚があるそうです。

揉むと揉み返しが必要と思われる方が多いようですが、このやり方だと揉み返しは必要ありません。

そんなことで肩凝りなどが改善されるのかと思われるかもしれませんが、強い刺激を与えると改善されると勘違いされる方が多いとは思いますが、それでは身体にムチを打っているようなもので、身体が癒されません。

癒させるということはそこに優しさが加わって初めて成立すると思います。いた気持ち良いという言葉が最近よく聞かれますが、整体の治療ではあまりお勧めできないことだと思います。

これは性病検査でも言えることですが、無理な矯正は筋肉の組織を破壊しかねないでしょうし、痛みを和らげようと反対に無理な姿勢をとりかねません。

50肩に悩んでいた方のお話を聞いたところ、腕を肩より上にあげることができなかったのですが、整体に通って身体を動かし(揺らし)ながら、柔らかく揉んでもらったところ、ボーとしていた頭もクリアになり肩もスムーズに動くようになったそうです。

整体に行く前は肩が上がらなかっただけではなく、なんとなく頭にモヤがかかったようにボーとしていたそうです。たしかに肩や首が凝りすぎると頭がボーとしてきます。

視界が悪いというか、いつも夢の中にいるような感じがするんですよね。それが優しいい揉みでクリアになればうれしい限りです。