腰痛を治すゴットハンドを紹介する会 » 名医と手術

頚椎ヘルニア

名医と手術

スポーツ選手から一般人まで多くの人が悩まされていうる病気と言えばヘルニアではないでしょうか? このヘルニアという言葉を耳にしたことがあるという人は多くいると思います。

では実際にヘルニアというのはどういった病気なのでしょうか? よくヘルニアと呼ばれていますが、このヘルニアというのはほとんどの場合が椎間板ヘルニアのことです。

椎間板ヘルニアというのは人間の体を支えている骨の一部の椎間板と呼ばれる部分が飛び出してしまい神経を圧迫してしまうことで起こる病気になっています。神経を圧迫することにより多くの症状が出て来るのです。

まず一つが痛みです。神経が圧迫されることにより腰などに強い痛みを感じてしまうことがあるのです。酷いときには自分では歩けない程の痛みが出る場合があるのです。

次に、痺れです。手や足などが痺れてしまい物をもてないなどの症状が現れます。ヘルニアというのは様々な場所でなりますが、その中でもやっかいなのが頚椎で起こるヘルニアです。

頚椎ヘルニアというのは最初の段階ではなかなか判断しにくく症状が出始めたときにはすでに進行していることが多いからです。さらに頚椎ヘルニアは手や足の痺れ腰の痛みというように全ての症状が出てしまうのです。

初期の頚椎ヘルニアなら保存療法で治すことが可能です。リハビリや神経ブロックなどの様な方法を使うことで簡単に治すことができます。

しかし、ある程度進行してしまった頚椎ヘルニアの場合には手術をしてしっかりと治さなければなりません。そういったときにはしっかりとした医師を見つけるということが大切です。

ヘルニアの手術というのはとても難しいものです。成功しても再発の可能性もあるのです。なので、手術を考えている人はしっかりとした名医を見つけて信頼できる医師に手術してもらうようにしましょう。