腰痛を治すゴットハンドを紹介する会 » 痛みについて

痛みについて

五十肩とは単なる肩凝りではなく、肩に疼痛があり、また上げるなどの単純な運動障害もある、また、五十肩は発症者の年齢が40歳以降であり、外傷などの明らかな原因がない、という条件が揃った場合に始めて診断される病気です。

また、凝りも多少はありますが、五十肩の主な症状は痛みです。急性期ではより強く、夜間痛が起こる場合もあります。

急性期はぎっくり腰のように突然やってくるということではありません。最初のうちは肩関節付近に鈍痛が起こって、次第に腕の可動域が制限されてくるようになります。また次第に痛みが鋭く強くなっていき、腕をすこし上に上げるという場合でも激痛が走るようになります。

五十肩の可動域制限症状は痛みが原因ではありませんが、痛みによって確かにできないという動作も出てきます。

腕を水平より上に上げられなかったり、後ろ側に回すことができないなどが例です。この結果生活にも支障が出てきます。洗顔や歯磨き、洗濯物の処理や炊事、電車に立つなどはほぼ不可能になるといえます。

五十肩の急性期でも、軽度の場合もあります。治療をしていくうちに改善するのも早く、慢性期になれば症状はほぼ感じない程度の場合も多いですが、再発するケースもありますので、この段階でやはりリハビリを多くしていくことが大切です。

五十肩の症状はほとんどが片側の肩にのみ起こります。つまり左右のどちらかが五十肩になるわけですが、逆の肩が発症するケースは多く見られます。

片方の肩をうまく治療した場合でも、しばらく経って出現する場合も多くなりますので、五十肩になったら両方の肩を同時にリハビリするような気持ちを持つことも大切です。また、だるい、しびれる、という症状も比較的顕著です。主にデスクワーク等で腕をよく動かさなかった方に多く見られます。

痛みがまったく感じられなくなるまでにはおよそ半年は必要です。その間には効果的に治療をし、また効果的にリハビリを行わなければなりません。