腰痛を治すゴットハンドを紹介する会 » パソコン利用の注意点

パソコン利用の注意点

最近では毎日のようにパソコンを使っているせいか、目が疲れやすかったり、肩がこりやすくなった気がします。ときどき休みを入れることが大切だとわかっていても、ついついパソコンの画面を見続けてしまうものです。

私たち人間の筋肉は長時間動かさないとこり固まり、血行が悪くなります。肩こりはその典型的な症状です。加えて文章などを打っていれば、常に手や腕の筋肉を使っていますので体がどんどん疲労してしまいます。

今では仕事であれプライベートであれ、パソコンを使わないというのはとても難しい時代です。しかし、それで自分の健康を害してしまったら元も子もありません。

自分の疲労具合を常にチェックすることが、快適なパソコンの利用へと繋がります。まずは1時間たったら10分休む、などのルールをきちんと決めておきましょう。

どんなに忙しくても休息を取る。休息を取ることで息抜きにもなりますし、その方が仕事の効率が上がりやすくなります。

休憩の時には立ち上がってストレッチをしたり、キーボードをたくさん利用する方であれば手をきちんと休めることが大切です。

目も休憩中はパソコンの画面や近くのものを見ず、窓の外の風景など遠い景色を眺めることが効果的です。

また、休憩中に身の回りを簡単に掃除・整理することもオススメです。何かの作業中であれば物が散乱しているかもしれませんし、それにパソコンは静電気が発生しやすくホコリなどが意外と溜まっています。きれいで清潔な環境を整えれば、気持ちもリフレッシュするでしょう。

後は、パソコンを利用しない時間は電源を落としておくことも重要です。電源が入っていれば便利であるがゆえに何かと使ってしまいます。休むと決めたら電源を落としてきちんと休める状況を作りましょう。

道具とは使うものですから、それに振り回されては本末転倒です。自分の健康を害さないためにも、定期的に休みを入れながら上手にパソコンと付き合っていきましょう。