腰痛を治すゴットハンドを紹介する会 » ローンを利用する

ローンを利用する

中古物件を購入して、リノベーションして住む計画を立てるとします。もちろん、多少の頭金は用意していますが、残りはローンを組みたい。そうなった時に新築物件とは違う問題が生じてきます。

基本的に銀行がローンとしてお金を貸してくれるのは物件代金。リノベーションにかかる費用は現金で用意しなければならないのです。もちろん、リノベーションローンというものはあります。

文字通り、リノベーションにかかる費用を借りる制度ですが、制限があります。もし、リノベーション費用のことでお悩みなのであれば、リノベーション費用見積比較ナビで、費用を比較検討することをお薦めします。

まず、リノベーションというからには、実際に何年か住んで痛んだ場所を修繕する為でないとローンが降りず、物件購入時に同時にリノベーションする場合はローンが使えません。

また、新築向けの住宅ローンが30年も35年も長々と組めるのに対して、リノベーションローンの返済期間はたった10~15年。しかも借り入れできる金額も低く500万~700万程度。

このようなことから、リノベーションローンは、本来の目的である「修繕」目的でないと利用できませんでした。

数十万程度の簡単なリフォームであれば、工事にかかる費用のみ現金で用意し、物件そのものはローンを組んで住むということは可能ですが、リノベーションとなるとそうは行きません。

そもそも安く物件を購入し、その分資金をリノベーション費用に回して住むというのがリノベーションの醍醐味ですから、数百万になるのが普通で、それを現金で用意となるとよほど金銭的に余裕のある人しかできなかったのです。

そこで登場したのがリノベーションローン。中古物件を購入する時に同時にリノベーション費用もまとめてローンを組むことができます。

今後どう変ってくるかは分かりませんが、今のところ借り入れ上限は購入する物件と同額程度までであることが多いようです。

まだ一般的に普及していないので、リノベーションローンを扱っている銀行の数は限られていますが、今後増えてくるでしょう。

車検費用を安くしたい方はこちらから