腰痛を治すゴットハンドを紹介する会 » 指圧と痔

指圧と痔

痔は恥ずかしい病気である、という風潮は、最近は徐々に緩和されています。テレビでも女性が堂々と薬を宣伝していますし、食生活の欧米化、リラクゼーションの方法の変化に伴い、今では3人に1人が悩んでいるとも言われています。

この原因はやはり生活習慣にあります。仕事で座位が長い、または立ったままで長時間いなければならない、となるとやはり肛門の血行が悪くなります。

毎日の食生活では、繊維質や多く摂り、乳酸菌やコラーゲンがおすすめですが、これらが不足すると、便秘や下痢などを起こし、このことで肛門に大きな負担となり、症状が出現します。便秘で硬い便が出ることが多いという場合も同様です。

改善には指圧やマッサージが効果的です。効果のあるツボはたくさんあります。ツボを押すだけで効果がありますので、もちろんご家庭でも実践することができ、常に継続してケアを続けることが可能です。

百会というツボは眉間から頭に向かう線と両耳を結ぶ線とが交わる部分を言います。ここは昔から良いツボとして知られています。治療で頭を押すのもどこかしら変な気がしますが、効果はもっとも高いツボです。

親指を使用して中心部に向け力を入れていく方法が定番です。また同じ部位に灸をすることも効果があります。指圧の他には塗り薬や座薬などもあります。

特に痛む場合、ちょっとした物音を聞いただけでも痛みがある、という場合は病院で速攻的に治療を受けることを考えるのが無難です。

予防、また改善のために大切なこととして、入浴を毎日とること、肛門の周辺を清潔に保つこと、トイレで無理に力まないこと、アルコールや香辛料は控えめにし、腰や足を冷さないこと、座ったままの姿勢を長時間続けないこと、などがあります。

また肝臓の働きが弱っている場合がありますので、このような場合も指圧によって体調を整えるのが有効です。全身を見ながら血行を高め、自律神経の働きを正常な状態に戻すことができます。