腰痛を治すゴットハンドを紹介する会 » マンション構造について

マンション構造について

中古のマンションを購入してリノベーションを施していく場合には注意しなければいけないことがあります。それは、マンションには管理規約というものがあるということです。

これには、例えばユニットバスでなくてはいけないとか、共有部分に手をつけてはいけないといったことが事細かに指定されていて、この規約を守らなければいけないようになっています。

中には、工事業者が特定の業者に絞られている場合もあるので、この管理規約は購入する前にしっかりと確認しなければなりません。そして、マンションリノベーションには他にも注意しなければいけないことがあります。

それは構造です。RC造の場合には、ラーメン構造や壁式というタイプがあります。前者の場合には、柱や梁といったもので造っているのですが、柱や梁が露出している部分があって、この部分が邪魔になってしまうということがあるということは多くの方が気づいているはずです。

しかし、このタイプは間仕切りについてはほぼ撤去してもいいので、好きに間取りを変更することができます。逆に、壁式の場合には壁がないと強度などを保つことができなくなってしまうので、リノベーションにおいては制限が増えてしまうことがあります。

このように、柱や梁といったものなどが露出していない造りの部屋もあるので、リノベーションの前にしっかりと確認しておきましょう。

リノベーション工事を行なう時には、スケルトンの状態までしてしまうので、この確認のときに管理規約についてはリノベーション業者と共に確認しておくことをおすすめします。

しっかりと確認が取れ、現物調査をして、築年数を考えに入れながら、あと何年間住むことができるのかということを評価しながら、リノベーション工事の範囲を決定していきましょう。

そのためにも、早め早めにしっかりとリノベーション業者と一緒になって確認するということが何よりも重要になってくるのです。