腰痛を治すゴットハンドを紹介する会 » ストレスとの関係性

ストレスとの関係性

日頃健康的な生活を意識していてもなかなか気づかない事「不健康」な事ってあると思います。

そのひとつに、気づけば体調が悪くなって病院にいき、健康を害していた原因がストレスと診断される事もあると思いますが、その根本はなかなか自分では気づきにくい事でしょう。

友人や職場の人間、上司やその他の人間関係以外の事でも感じる場合もあります。今まで実家で暮らしていた人が、いきなり一人暮らしを始めたことが原因になっているケースや、毎日の食事やたまにする洗濯、部屋の掃除など今まであまり自分でやらなかった事を自分でやる事等も原因になる場合があるようです。

今までスポーツをしていたのに急にやらなくなっても、逆に結婚式など一見+に働くようなことも身体に影響をするようです。

ただし、生活をしていく上で、そういったものをゼロにするということは不可能なので、ある程度は受けて行かなければなりませんが、逆に適度なものであれば、健康上で必要な事でもあります。

ずっとベットで寝てて刺激がない生活をしていると体の調子が悪くなるように、0にすればいい、という物でもありません。

健康を保つのに重要なのは、職場でいらいらしたり、精神的にふさぎこんでしまう様な種類のものを過度に貯めこまないということでしょう。

貯めこんでしまうと、前述したように病院で指摘されてしまう様な事にもなりかねません。健康的な生活を送る為には、なるべく適度な状態にとどめ、散歩等をすることで適度に発散する必要があるでしょう