腰痛を治すゴットハンドを紹介する会 » 症状について

症状について

一定の年齢を超えてくると多くの病気に気をつけなければなりません。中でも40代を超えてくるとなりやすくなる病気の一つにすべり症と呼ばれているものがあるのをしっていますか?

これはその名の通りの病気で腰椎と呼ばれる部分が徐々にすべっていき腰が歪んでしまうことで痛みなどが現れる病気のことです。では具体的にはどんな症状が出るのでしょうか?

主な症状というのは痛みです。この病気には急性期と慢性期と呼ばれるものがありそれぞれ違った痛みになります。急性期の場合にはぎっくり腰などのような激しい痛みを伴い腰が据わらない感覚になってしまうことがあるのです。

慢性期の場合には常に痛みを感じていう状態で、この場合には神経痛やヘルニア、脊柱管狭窄症などのような病気を引き起こしてしまっていることもあります。

このようにすべり症というのはその時期によって違った傾向がみられるのです。ですから、疑わしい不調が現れた時にはしっかりと病院へ行って診断を受けるのがいいでしょう。

この病気を発症してしまう原因というのは年齢のせいもありますが、主に生活習慣が原因だとされています。とくに運動不足に陥るとなりやすく筋肉の衰えが一つの原因のため筋肉をしっかりとつけておくというのがこの病の予防になるのです。

普段から適度な運動を行うだけでも予防にはなるので、しっかりと運動を行うようにしましょう。すべり症になってしまったという時には悪化しないようにすることが大切です。

この病気は安静にしていれば治ることがほとんどです。しかし下手に刺激を与えれば悪化してしまうこともあります。

なので、なったときにはまずは病院に行き医師に従った治療を行うということが大切になってくるのです。こういったことをしっかりとすればすべり症は治せるのです。

すべり症を治す正しい治療方法はこちらから